なんとかしたい背中のにきび

背中にきびが腰にできる理由


肌の悩みを抱えている方は多く、人によって色々な悩みがありますが
中でも特に多いのがにきびの悩みではないでしょうか。

にきびは顔だけではなく、背中や二の腕にもできることがあります。
顔ならまだしも、背中は特に管理が難しい部分です。

背中にきびは一般的に乾燥肌が原因となって生じるにきびの種類であり、
肌の乾燥が影響して通常時よりも毛穴が狭く変化し、詰まりを起こしやすい
状態へと陥るのが発症メカニズムになります。

体質

これらは体質や生活習慣に応じても個人差はありますが、
腰付近まで広がる可能性が想定され、
日常生活で十分な保湿ケアを行うことが大切です。

特に腰付近は衣類の境目であり、着ている服によっては背中よりも
外的刺激が大きくなってしまうため、
保湿力が落ちやすい点に注意しなければなりません。

また、座っている姿勢の状態では汗をかきやすい場所に該当する理由から
発汗に伴い雑菌の繁殖を促しやすいことも考慮しておく必要があります。

汗

基本的な発生原因やメカニズムは背中にきびとそれほど変わらない種類に
なっており、保湿及び肌のターンオーバーを改善できれば自然と症状は
治まっていく傾向を持ちます。

肌を守る効果も!皮膚に住んでいるさまざまな細菌

動物の皮膚の上には様々な菌がいます。
菌というと病原菌のようなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
実際には必要な菌がたくさんいるという事情があります。

人が日々を生きていると皮膚には様々な刺激がもたらされます。
その刺激から皮膚を守ってくれているのも菌の大きな役割です。

決して悪い菌ばかりではないといえます。
菌の中でも空気の中で生きられるものを好気性菌と呼び、
空気がない状態の方が生育しやすいものを嫌気性菌と呼びます。

皮膚の上は酸素が得られやすい環境となっているので好気性菌が多くいます。

一方で、皮膚の内部になると嫌気性菌が生育されます。
どんなに清潔に保っていたとしても、常在菌が完全になくなることはほとんどありません。

しかし、清潔に保たれていないとニキビなどの原因となってしまう
人体に悪い影響をもたらす菌が増えることになります。

そのため、肌を適度に清潔にしておくことは重要となります。

常在菌は水分と石鹸を好みます。それゆえに、洗顔をした後に
しっかりと洗い流しておくことが大切です。

洗顔をしすぎると肌を守ってくれる菌まで少なくなってしまうので、
逆に肌トラブルが起こりやすくなることもあるので注意しておきましょう。

にきびを早く治す最善の道とは

にきびの炎症が酷い人は、ジェルを始めとした保湿と同時に
刺激が抑えられる製品を選ぶのも選択肢の1つといえます。

どの製品を選べば改善されるのかが判断しにくい場合は、
皮膚科に相談しに行ってみるのも良いでしょう。

仙台には、背中のニキビ治療に優れた美容皮膚科があります。
最新のレーザー治療を始め、その人のニキビの症状に合わせた
治療法を使って効果的に改善していきます。

こういった機関を探す際には、アフターケアをしっかりと
してくれるかも重要なポイントとなってきますので
色々と比較してみると良いでしょう。

 

ページのトップへ戻る