なんとかしたい背中のにきび

思春期と大人にきびの違い


できやすい

思春期にできてしまうにきびはおでこや頬だけではありません。
10代は背中にもにきびができやすいのが特徴です。

この思春期の背中にきびの原因となるのが過剰な皮脂の分泌です。
若い肌は皮脂を盛んに分泌するので不衛生になりやすくアクネ菌が
繁殖しやすくなってしまい、背中にきびの原因となります。

時期的な問題

ただしこの若い肌のにきびは一過性のもので、時期が過ぎれば落ち着きますし
にきび跡にもなりにくいという特徴があります。

しかしこれは体質にもよります。若いうちでも一向ににきびが良くなる
傾向が見られない場合は、にきびの専門医に診てもらった方が
良いかも知れません。

簡単な薬でも処方してもらえれば、早めの回復が見込めるかもしれません。
放っておくの一番良くありませんので悩んでいるなら相談してみましょう。

一方で大人にきびは、肌の代謝が乱れて古い角質が残ってしまう
ことにより起こるケースが多いのです。

代謝が乱れて古い角質が肌に残ってしまうと皮脂腺を塞ぎ、
アクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また大人の背中にきびの問題はターンオーバーが乱れているので
にきび跡が残りやすいということです。

泡立てた石鹸や柔らかいボディブラシなどでよく洗浄して衛生的に保ち、
古い角質を溜めないことで背中にきびを改善し、にきび跡を防ぐことができます。

すでに背中ににきびができており、ケアを続けていても一向に良くならないという方は
この場合も、一度美容外科や皮膚科に相談しに行くことをお勧めします。

にきびができる原因も人によって様々ですので、自己判断では本当に正しいかどうか
中々わかりにくい部分もあるのではないでしょうか。

その点、専門家からアドバイスをもらえることで、適切に対処することができるので安心です。
年齢に関係なく、しつこいにきびには早めの対策が一番です。

 

ページのトップへ戻る