なんとかしたい背中のにきび

背中にきびとステロイドの役割とは

背中にきびが発生したときなんとなく、アトピー性皮膚炎などの治療に使われる
ステロイドを塗れば早く治るのではと思われる方もいるようです。

このアトピーなどに使われる外用薬には消炎・抗炎症作用・血管の収縮作用などの
働きがあり、免疫反応を抑制することで皮膚の炎症を
抑えていく効果があるものになります。

相談

消炎・抗炎症作用などはにきびにとって悪くはないのですが、にきびの原因アクネ菌には
免疫が抑制されると増殖してしまうという特徴があるため、
背中にきびの治療に使用すると改善するどころか反対に治りにくくなる可能性があります。

そのため一般的にはにきびの治療にこの外用薬を使うことはほぼありません。
ただ免疫を抑制するという働きがあるステロイドですので、アトピー性皮膚炎の治療として
使っていてもにきびが発生しやすいという副作用があります。

食事

ですから治療薬として使っている方で背中にきびが出来た場合、その原因は
ステロイドかもしれません。
少しでも怪しいと思ったらすぐに使用をやめ、皮膚科に相談しに行きましょう。

正しい対策が取れていれば、改善は見られるはずです。
それが悪化に繋がっていては、元も子もありませんので
自己判断でなんとかしようとせず、専門医のアドバイスに従うことが
一番最適な解決策だと言えるでしょう。

そこで正しい対処法を聞いて、また一からやり直せば良いのです。

さまざまな治療に使われるホルモンの一種「ステロイド」の効果や副作用は?

副腎皮質ホルモンであるステロイドの効果は炎症を鎮めたり、
免疫反応を弱めるというものです。

一般的な皮膚のトラブルでは炎症が起きていることが多いので、
薬を塗ることで炎症を鎮めて早く治すことができます。

元々体の中で作られているものなので、高い効果が期待できます。

しかし、副作用があるのも事実です。具体的には免疫を抑えるので
感染しやすくなってしまったり、骨粗しょう症や糖尿病などのリスクが高まります。

ただ、副作用が怖いからと薬を自己判断で途中で辞めてしまうのは
決して行ってはいけません。

副腎皮質ホルモンは体内で一定量が作られていますが、一定量を超えると
作られなくなってしまいます。

急に使用しないでいると、体内のホルモン量が不足して
倦怠感や血圧低下、吐き気や頭痛といった症状が現れてしまうからです。

これをステロイド離脱症候群と呼びます。

急に使用を中止するだけでなく、量を急激に減らす際にも
この症状があらわれますので、薬の量を勝手に減らすことも避けましょう。

副作用などが心配な場合は医師に相談して、使用する量や期間などを
決めておくと安心です。

自己判断で対応してしまうと、思ってもいないトラブルにつながってしまいます。

体質によってにきび改善方法は様々

あるいは、ステロイドを使う以外で自分でできる対策を取っていきましょう。
背中ににきびができる場合、多くは生活習慣に起因しています。
特に普段食べているものや清潔感は、にきびを増やさないために
常日頃から意識して見直していくことが大切です。

生活習慣を見直すことは、にきび以外でも健康に大いに役立ちますので
積極的に取り組んでいきましょう。

ページのトップへ戻る