なんとかしたい背中のにきび

背中にきびが腰にできる理由


背中にきびは一般的に乾燥肌が原因となって生じるにきびの種類であり、
肌の乾燥が影響して通常時よりも毛穴が狭く変化し、詰まりを起こしやすい状態へと陥るのが
発症メカニズムになります。

これらは体質や生活習慣に応じても個人差はありますが、腰付近まで広がる可能性が想定され、
日常生活で十分な保湿ケアを行うことが大切です。

特に腰付近は衣類の境目であり、着ている服によっては背中よりも外的刺激が大きくなってしまうため、
保湿力が落ちやすい点に注意しなければなりません。

また、座っている姿勢の状態では汗をかきやすい場所に該当する理由から、発汗に伴い雑菌の繁殖を
促しやすいことも考慮しておく必要があります。

基本的な発生原因やメカニズムは背中にきびとそれほど変わらない種類になっており、
保湿及び肌のターンオーバーを改善できれば自然と症状は治まっていく傾向を持ちます。

にきびの炎症が酷い人は、ジェルを始めとした保湿と同時に
刺激が抑えられる製品を選ぶのも選択肢の1つといえます。

 

ページのトップへ戻る